曇りのち曇り♪      ~歩先真っ暗日記~
/ 2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

プロフィール

すいえいぶ

Author:すいえいぶ
どうも。すいえいぶです。

アニメ、ラノベ、ボカロ、
GreeeeN、水泳(泳げませんが)、
ホラゲー、特撮 なんかを
こよなく愛する中三です。
受験生なので、更新率は偏りますが、
どうか温かい目でみてやってください。

名前:すいえいぶ (泳げない水泳部)

性別:男

職業:新高1

夢 :なんかすごい男になりたい

趣味:音楽鑑賞 
   アニメ鑑賞
   水泳
   ジョギング
   部屋の隅の何もないところ
   を眺め、ぼ~っとすること


顏 :う○こにルフィを足して、
   ルフィを引いた感じかな♪

身長:約180㎝


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク


今日は何の日?教えて慧音先生


Twitter...

Twitter Reload


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子中学生の日常


はいはいお久しぶりでーす!
変態が帰ってきましたよぉー!(^o^)/

さてこうしてブログを書いているということは
というと、なんと、PCが帰ってきました☆

親父と一緒に。

親父「正月休みもらったぞー」

で帰宅なうです。

まぁそれでも、PCが帰ってきたということに
は違いありません。素直に喜ぶことにしましょう♪

んで、しばらく更新せずに過ごしていると、ネタ
も自然に溜まっていきます。なので、すこしずつ
放出していくので、今後ともよろしくお願いしま
すm(_ _)m

まずはこれ。

SN3R0024.jpg

はい吐き気を催した方は、WCへGOしてください。

うちのクラスの愉快な友達です。
僕らのクラスでは、ってか仲間内では、こういうのが
儀式的に行われているんです。
決して頭がおかしいとか、そーいう趣味だゼ☆とか
ではありませんので、安心してください。

この日はこのY君が選ばれてしまいました。
(当然僕も履かされたことはありますw)

というか、その時集まっていた仲間の中で、まだ履い
たことなかったから選ばれたんですけどねw

これはその時の会話です▼
J:友人
Y:写真の子
Y2:友人
S:すいえいぶ


J君 「今日はYだな。」

S部 「そだねw」

Y2君「異議なしw」

Y君 「えっ?ちょ、まっ!嫌だよっ?」

J君 「だってお前だけやってないじゃん。」

Y2君「だよなw」

S部 「早くしろよw」

Y君 「わかったよ...」

ヌギヌギ...

そして...こうなった。

ポーズをとれと、言ったものは一人もいないにも
かかわらず、【のび太パワー!注入っっ☆】を決
めるY君。

そして写真撮影中。

女子登校▼

Y君 「あ‶!///」

J君 「はいはい気にせず~」

Y2君「ちょーうけるwww」


女子が痛い目でこっちをみている間、
J君は写真をとり、
Y君はポージング。
Y2君は腹をかかえ、
S部はY君の制服を廊下の端っこ(吹奏楽女子の隣)
に隠して来る。

Y君 「もういいっしょぉ~涙」

J君 「先生来る前に早く着替えろ変態」

Y君 「ちくしょぉ~涙」
   「あれ?オレの学ラン...どこ?」

S部大爆笑▼

S部 「あそこあそこww」

Y君 「なっ!てめぇっ!涙」



この後、無事Y君は学ランを着ることができまし
た。
よかったね。Y君wwwwwww










業務連絡~m(_ _)m

はいどうも。すいえいぶです。

今日は皆さんに大事なお話があります。


それは、この前の祝日のこと。


塾から帰宅した僕は、玄関であるものを発見した。

それは見慣れた革靴だった。昔はよくふざけてニ

オイを嗅いだものだ。

僕「...まさかな」

まさかそんなわけないだろう。僕の想像している

ようなこととは全く違うだろう。そう思った。

いや、正しくは、願っていた。

リビングへ向かう。自然と足が速くなる。

  ガチャ

父親「おー。ひさしぶりー☆」

そこには見慣れたトトロ(父親)が座っていた。

僕「なんで...?」

そう。僕の父親は単身赴任をしていて、普段

家にはいないのだ。

トトロ「いやぁ、仕事で近くまで来たからさ」

  「来ちゃった☆」

僕「...彼女かアホ(-_-;)」

軽くこんな会話をできるほど、気さくで話し

やすいいい父親だと思う。だが。


たまに、突拍子もないことを言いだすのだ。


父親「あ、そうそう。」

僕「何?」

父親「本家(父親の家)のPC壊れたから、

   これ持ってかえるね☆」


そう、こんなふうに。


僕「あっそう、わかtえ?...なんて?」

 「いや、オレ結構これ使うんだけど(-_-;)」

すると、父親はいきなり顏をキメて、こう言った。


父親「勉強しなさい♪」

  「じゃ。」ダッ!!

僕「あ、こら!逃げんな!おいっ!」

 「ちょ、待って!まじで待てこの野郎!」

 「もういいから。持って帰ってもいいから

  ちょっと待って」

父親「えー、仕事行かなきゃならないのにー」

僕「うるせー!ちょっと待って!」


で、

こうしてブログを超高速で書かしてもらってい

ます。

ただでさえ更新速度が遅かったこのブログ。

多分来年まで、トップ記事一切変化しませんw

まことに勝手ながら、諸事情により、

長期休載したいと思います。

閲覧者の皆様。

ほんとにごめんなさい<m(_ _;)m>

では、またいつか会える時まで。

しばしお別れを。

では~ ノシ

テストでのm9

はいはいどーもぉー!すいえいぶです。

中間おわたあああああああああ!!!!

多分内容も、

おわったあああああああああああ!!!!

まぁそれはいつものことさw

昨日は英語と理科がありました。

理科はまぁまぁできたんですが、

英語が安定の空白イリュージョンって感じです。

単語ぐらい暗記しろよっ!て感じですが、

覚えれたら覚えてます。

覚えられない理由があるんです。

それは...

僕は英単語を覚えられないという病を

抱えているんで(ry

嘘です、すいませn。

完全に暗記がめんどくさいだけですb(テヘッ

だから点が取れないんですけどねw

英単語を覚えれないのだから、当然

基本文法を使いこなせるはずもなく、
 
「え?は、Have?already?」

ってな感じで、テスト中ずっとあた

ふたしてました(^_^;)

それでは、

今回のテストで一番印象に残った出

来事をひとつ。

【ナントカ幕府が朝廷を監視するために
 京都に置いた役職名を書きなさい】

「あぁ、楽勝楽勝♪」

「あれだろ?あの『ろ、」←ヘックション>隣のやつ

「...『ろ...ろ...』」

「......」

「なんだっけ...」

10分後。

テストが終わって思い出しましたb(キリッ


ちなみに答えは『六波羅探題』です。

中間テストなう

中間テストの真っ最中でございます。
なので、更新は明日あたりにします。

今日は国語、社会、数学がありました。

数学は余裕だと高をくくっていたのが

最悪の結果となって自分に帰ってきま

した(^_^;)

明日は理科とENGLISHです...。

あぁ...萎えるw

それでは地獄を味わってきますノシ

そして腹がいたくなった。

a 012

え?

ちょ、なんで?

なにこれ?

なんで、机の中から、ピーナッツ?


一週間前。

机周りが汚いと、母上に怒られてしまい、

しぶしぶ整理を始めたすいえいぶ。

すいえいぶ「めんどくさいなぁ...」

ガサガサガサガサ...

すいえいぶ「...ん?これ...」←家庭科のプリント

       「...いつのだ?」

       「まぁいいや...それにしても...」

【プリントの山】

すいえいぶ「汚すぎるだろ...w」

       「もうこれブログに書くか...」
 
       「お、これは...」←保健体育の参考書

       「こんなところに隠し(あった)のか」
 
       「いやぁ...なつかしいなぁ...ん?」

       「奥にもなんかあるな...」

ガサッ ←ピーナッツ


え?

えええええええええ?!??

ちょ、なんで?なにこ(ry

えーっと...なぜあなたはここに?


すいえいぶ「あ。」
     
       「これ、4月に給食で出たやつだ」


そうです。

これは帰り道に食べようと、余ったのをポケットに

つっこんで、数週間放置し、気づいた僕は邪魔だか

らと机の引き出しに放り込んだのでした。


すいえいぶ「...これ、どうする?」

       「食べた方が、いいのかな...?」

       「いやでも流石にそれはないでしょw」

       「だって絶対賞味期限きれてるもんこれ...」

       「...でも捨てるのもな...」
  
       「...」

っ一口だけ...

モグモグモグモグ...


すいえいぶ「...うん、味はしない」

       「だけど、なんかシケってるなぁ...」

       「食感がグニョってするもん...ん?」
     
       「ってこれ絶対腐ってるでしょ?!??」


半分に割ってみると、そこは、カビルンルンさん達の

住居になっておりました♪


(・_・;)←飲み込んだバカ

ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!


のんじゃったよどうすんだよやべえよっ!!


翌日。



滑らかに腹痛の渦へ誘われるすいえいぶ。

寝ているときにもヒザが震えているすいえいぶ。

何気に37.5℃まで熱が出たすいえいぶ。



皆さん。食べ物には、十分注意してくださいね♪

それから、もし机の中から食べ物が出てきたと

しても、むやみに食べたりせず、処分すること

をお勧めします♪
         



««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。